5/25.26 Empathy Therapy

前回大好評でした長野ACT 佐竹先生のセミナーを開催します!

 

講師はPhysical-wave reSONAnce、長野リハビリテーション研究会ACT代表兼主宰

佐竹拓也先生です。

プロフィールはこちらから

長野ACT Empathy therapyはこちらから

 

 <Empathy therapy 概論>

 

人間の根源的な欲求である快の感覚。

 

その感覚は私たちの身体運動を解放し、より動的にワクワクしたパフォーマンスを提供してくれます。

 

それはクライアントもセラピストも同じです。

セラピストが自身の感覚に素直にならなければ良好な感覚入力にはなりにくい。

全ての物質は振動し、同期し、共鳴しています。我々の肉体や精神も同様です。全ては共鳴すべく働いております。

 

Empathyとは【共感・理解】といった意味があります。

人の持つ共感システムを最大限に活用し、相手の状態を理解する。

それに伴う理論的背景や感覚トレーニングなどを含めた技術体系がEmpathy therapyになります。

また、人間の根源的な構成や物質の持つ波の性質などを評価・治療に応用することで徒手療法は飛躍的に進化いたします。

 

今回のベーシックでは関節や筋などが対象ではなく、【人の身体】を対象とする。正に臨床家向けの内容となっております。受講される際は固定概念を置いてきてください。

 

 

<内容>

 Day1

Empathy therapyにおける考え方

 ・物理的原則(干渉・同期・共鳴)

 ・固有振動

 ・人の振動システム

 ・自己の振動数チューニング

 ・五大栄養素

 ・パフォーマンステスト

 水の捉え方

 ・人体の水システム

 ・テンセグリティ構造と人体構造

 ・評価とアプローチ

 

Day2

テンセグリティ構造と人体構造

 ・評価とアプローチ

 ・タッチの原則

 ・タッチによるパフォーマンス変化

 ・reaching&pre shaping

 ・アクティブタッチとダイナミックタッチ

 ・圧力の概念

 ・ピエゾ効果

 ・人体の振動伝達システム

 

<日時>

 2019年5月25.26日(土曜、日曜)

 10時00分〜16時00分予定

 

会場

 札幌市内にて調整中

 

受講費

 通常申込 20,000円

 早期割引 18,000円

 

定員

 30名 

 

申し込みはこちらから

 

※端末によってアクセス障害が起こる可能性がございます。

  アクセス障害が起きた場合、Contactに記載しているアドレスに連絡をお願い致します。