7/7 若手のための腰痛に対するクリニカルリーズニング

若手のための腰痛に対するクリニカルリーズニング

〜世界で通用した臨床の進め方とこれからのセラピストの可能性〜

 

 

※クリニカルリーズニングとは「対象者の訴えや症状から科学的に病態や鑑別、介入方法を検討する一連の心理過程」をいいます。

 

 

皆さんは腰痛の方を見るとき、多岐にわたる症状をどのように解釈しアプローチする見立てを行いますか?

 

臨床での「何故?」には絶対的な答えはありません。

しかし、腰痛、ひいては「その人自身」を考えた時に、多岐に渡る関連要素をクリティカルリーズニングを用いてシンプルに統合解釈することで、紐解かれてゆきます。

 

共に臨床での「なぜ?」をシンプルに紐解きませんか?

 

 

【内容】

 

1、機能性腰痛に関わる脊柱、腰部周辺の解剖

2、腰痛を多角的に解釈する(メカニカルストレスを中心に)

3、クリニカルリーズニングに基づく病態推測からの治療の方向性判断

4、機能性腰痛の評価〜治療の仕方

また、当日は柿澤健太郎の豊富な経験から、海外での仕事や企業に対しての働きかけなどセラピストとしての可能性もお伝えします。

 

【講師プロフィール】

写真

柿澤健太郎

ブログはこちらから

 

 

~所有資格~

理学療法士

 

〜略歴〜

所属:金町慶友整形外科病院/参健堂(2017~)

経歴:御殿場看護学校非常勤講師(2013,2014)

御殿場南高校野球部メディカルトレーナー(2013,2014)

世界20カ国、500人以上の人を治療(2015,2016)

スポンサー4社獲得(モンベル.Marmot.Danner,SPERRY-TOPSIDER)

→https://ameblo.jp/umaibou155/entry-12097147765.html(ブログ)

 

〜企業との協業〜

・登山用品メーカー商品開発(MILLET) 

・スポーツバッグ商品開発(EQ japan) 

・医療IT機器ASEAN輸出(ジースポート)  

・出版「心と体がらくになる自律神経の整え方」彩図社

・IT企業内施術(TIS)

 

日時

 2019年7月7日日曜

 10時00分〜16時00分予定

 

会場

 札幌市内にて調整中

 

受講費

 一般申込 10,000円

 早期割引 8,000円(6/25までに振込完了)

 

定員

  30名程度

 

 

申込はこちらから