8/18 ハイパフォーマンスに必要な「バランス」トレーニング〜身体操作からのアプローチ〜

【セミナー概要】

人は、重力下で姿勢保持や動作を遂行する限り、無意識的にバランスを取り続ける。

特にスポーツおいては、その局面により高度かつ複雑な反応・対応力を発揮することが求められる。

 

バランスは、筋骨格系だけでなく視覚、前庭系、体性感覚からの感覚入力、中枢神経系による感覚統合など含め、様々なことから影響を受けている。

 

リハビリ現場においても、スポーツ現場においても有効と言われるアプローチやツールは多様化している。

 

今回は身体機能面、特に身体操作という観点から評価、ハイパフォーマンスにつながる段階的なアプローチ方法を紹介する。

 

 

【内容】

○日常生活におけるバランス能力とは

○競技動作におけるバランス能力とは

○バランス能力向上に必要な身体機能・身体操作

○バランス能力の段階的強化プロセス

○バランストレーニングのバリエーション

※実技中心の内容になります。

 

【講師プロフィール】

高塚 政徳 先生

詳細プロフィールはこちらから

 

 

【略歴】

・ 理学療法士

・ ブラインドサッカー日本代表チーム フィジカルコーチ

・ 東京都認定パラスポーツスタッフ

・ JARTA(日本アスリートリハビリテーショントレーナー協会)

認定講師/SSrankトレーナー

・ JATI(日本トレーニング指導者協会)認定トレーニング指導者

 

2008年 理学療法士免許取得。主に整形外科、スポーツ現場にて活動。

2016年からは2020年 東京パラリンピックで活躍が期待されるブラインドサッカー日本代表チームの強化に携わっている。

その他にも、Jリーガー、プロ野球選手、力士、東京オリンピック・パラリンピック候補選手(空手、パラ陸上競技)などのパーソナルトレーニングも行っている。

 

日時

 2019年8月18日日曜

 10時00分〜16時00分予定

 

会場

 札幌市内にて調整中

 

受講費

 一般申込 10,000円

 早期割引 7,000円

 17日と合わせての申し込みで12,000円

 選手、学生 4,000円

 

定員

  30名程度

 

 

申込こちらから